うつ病をチェックしてみましょう~毎日爽やかキラキラ気分を目指す~

医者と看護師

無理に気が付かない疾患

医者と看護師

自覚症状が少ない

うつ病のチェックをして病気の予防を心がけることはとても大切です。うつ病の大きな特徴は無理に無理を重ねて動けなくなるほど体の状態に無関心になることです。例えば仕事をしている時何かトラブルが起きるとそれを解決しようと妥協しないことが多いです。その時の妥協が出来るかどうかや難しい注文をノウと言えないところがあるかどうか周りに合わせてしまい、自分の意見を通さず相手の希望を通すことが多いかどうかなど、チェックしておきたい項目は多いものです。適当に物事を済ませたり、面倒なことを後回しに出来ないなど真面目で融通が利かない場合はうつ病になりやすいチェック項目に入ります。自分より他人を優先してしまうなど相手から見たらとても良い人に見える行動を起こしやすいのです。このように社交性にこだわり過ぎている場合はうつ病になりやすいのです。自己中心的に生きている人のように見えても実はとても周りの人の評価が気になる人もチェック項目の一つです。誰に何と言われようがやりたい様にしかしないという性格の持ち主は仕事が長続きしないものです。この時に現実に目を向けたときどのようにすればいいのか誰に相談すればいいのかなどわからない場合もうつ病予備軍といえるのです。人は完璧に物事はこなせないのです。どんなに楽観的に見える人でも何かの原因をきっかけに起きる病気です。どのような性格であってもうつ病になってしまう可能性は誰に出もあるのです。発病する可能性が低い人は何かのきっかけを上手くかわすことが出来る人なのです。

ストレスを解消する方法

うつ病になる確率が低い人は何か問題が起きたときに上手く逃げたりかわしたりすることが出来る人です。いいかえるとストレスを感じにくい場合は発病しにくいものです。仕事と私生活に線を引き私生活に仕事を持ち帰らないことが出来ると仕事のストレスは職場のみです。仕事が終われば仕事のことを忘れて自宅で思いっ切りリラックスしたりくつろげる環境を作ることが必要です。オンとオフの切り替えが出来る場合はチェック項目から外せます。嫌なことがあった時もオンとオフを行い、仕事の事であれば私生活に持ち込まないことが必要になるのです。家庭生活は小さな社会でもあるのです。この中には家族のみです。ここでオンオフの切り替える練習を行うことが出来ます。その時に家族のチェックはストレートですし本当に相手を思いやる気持ちがあるのです。信頼できる相手だからうつ病になりやすいことをチェックして注意を促してもらえるのです。また親は今までの体験から学んだことを話します。家族で会話をしている時は本音で話せるのです。家族全員が何に悩んでいるのかや、今まで話したこと以外の本音の会話をしやすいとお互いに何を考えながら生活しているのかがわかります。家族を知ることが家族の中の誰かがうつ病になった時に本音で話せる人が多い方が回復は早くなるのです。自分を一番理解してくれている相手が家族であれば何か気になることが起きたときに直ぐに聞くことが出来るのです。問題が起きたときに相談出来るメリットがあるのです。うつ病を予防するときも家族の存在は大切なのです。

Copyright© 2015 うつ病をチェックしてみましょう~毎日爽やかキラキラ気分を目指す~All Rights Reserved.