うつ病をチェックしてみましょう~毎日爽やかキラキラ気分を目指す~

医者と看護師

心の病気の自己診断

医者と看護師

気になる症状

うつ病というのは、ストレスや心身の過度の疲労などが原因によって無気力状態に陥ってしまったり、常に悲しい気持ちになってしまう等の症状が表れる心の病です。うつ病にかかってしまった場合については早期の心療内科の投薬治療やカウンセリングによる治療が必要だといえます。そして自分自身がうつ病ではないかと疑わしい場合について気になる場合は、いくつかの自己診断でチェックすべきポイントがあります。まず一つ目のチェックポイントとしては、夜に眠ろうとしても眠れずに朝まで目が覚めてしまう症状が挙げられます。また仮に眠りにつけたとしても、その眠りが浅く朝方に目が覚めてしまう傾向があるといいます。次に挙げられる症状としては、家族や友人の何気ない一言が気になって、自分が責められているんじゃないかと疑心暗鬼になってしまう症状が挙げられます。うつ病の人は、心の病気によって自責の念が強くなる傾向がありますので、他人の日常の何気ない一言でさえもプレッシャーになってしまう場合があります。次にうつ病の初期症状として考えられるポイントとしては、普段は楽しめていた趣味が全然楽しめなくなることです。それに伴って笑うという感情が起こりにくくなることが挙げられます。さらにうつ病の初期症状のチェックポイントとしては、日中の無気力感や疲労感が強くなってしまい、平日の昼間であっても寝ていたいという欲求が高まる傾向があります。身体はどこも悪くないのに、起き上がって日常生活を行うことが困難になる傾向があります。

今後の早期発見と治療

近年の心療内科の医療の発達により、うつ病は昔よりも完治が可能になりつつあります。また最新のアメリカ等の研究では、うつ病は脳に原因があるという可能性を突き止めて、新しい治療方法も開発している段階にあると報道されています。しかしいずれにせよ今後も、うつ病の早期発見が早期の完治につながると予測します。そしてうつ病の早期発見のためには、今後も自分自身がうつ病かも知れないと疑わしい場合は、早期に自己診断によってチェックすることが望ましいといえます。また今後のうつ病の自己診断におけるチェックはより詳しく分類化することが予測されます。それはより具体的に、うつ病の早期発見を容易にするためです。例えば不眠のチェックについては、どの時間帯が特に眠りにつきにくいのか、また、朝方に目が覚めるのは決まった時間なのかをチェックするようになると予測します。この理由は、詳しい時間帯をチェックすることによって単なる不眠症や心身の疲労と、うつ病との区別を容易にするためです。さらにうつ病の原因となるストレスや原因については、例えば仕事の人間関係などのような慢性的なものなのか、それとも自己や事件などの急激なショックによるものなのかも、病気の早期判断の大切なチェックポイントになると予測します。そして慢性的なストレスが原因による場合の治療方法については投薬治療が中心になると予測します。反対に急激なショックが原因による場合の治療方法については、カウンセリングが中心になると予測します。

Copyright© 2015 うつ病をチェックしてみましょう~毎日爽やかキラキラ気分を目指す~All Rights Reserved.